「奇跡の花」

結成15​周年記念 Digital Single

​「奇跡の花」制作にあたって

私達シュノンソーは今年で結成15周年を迎えます。

結成当初は4人組のダンスチームでした。

​あっという間の15年。
長いようで短い?短いようで長い、もう人生の半分近くシュノンソーで生きていること、大切なメンバーと出逢えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、2016年3月9日、命の奇跡が起きました。

 

2008年7月30日に天国へ旅立った大切なメンバー“はるか”の誕生日と同じ日に、元メンバーのゆうらが新しい命を生んでくれました。命のバトンを目の当たりにし、今だから書ける素直な気持ちを「奇跡の花」に込めました。毎年、はるちゃんの誕生日3月9日は

“39の日”として、日頃の「ありがとう」の気持ちをシュノンソーの活動を通して伝える日として過ごしてきました。

今年起きた命の奇跡は、結成15周年ということもあり、更に大切で特別な日となりました。

ダンスチームとしてスタートした私達が、自分たちで曲を作って歌うようになるなんて、15年前には想像もしていない今ですが、自分たちのやりたいことを正直に選んで辿り着いている今です。

ゆうらとはるちゃんに背中を押してもらい、ともか・あやかで4人力を合わせてできた曲だと思っています。

大切な誰かと離れてしまったあなたにも、

この「奇跡の花」が届きますように。

​シュノンソー ともか&あやか

2016年3月9日に起きた命のバトンの奇跡をもとに作詞作曲。

​今は会えなくなってしまった大切な人を想い歌う渾身の一曲。

Copyright(c)Shunonceau All Rights Reserved

 

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon